色々試した私がおすすめするセロトニンを増やす方法

夜になかなか寝付けなかったり、十分な睡眠がとれないと辛いですよね。
朝の目覚めも悪いし、日中も体が重くて仕事や家事をするのが億劫になってしまいます。
不眠になると日常生活に支障が出てくるだけではなく、うつ病などの精神的な病気の原因にもなります。
不眠症を治すにはセロトニンという物質を増やすのが効果があります。
セロトニンは脳の中で作られるホルモンで気持ちを安定させたり、安らぎを感じさせたりする力があります。
セロトニンが増えると落ち着いてリラックスできたり、良く眠れるようになったりします。
セロトニンは深呼吸したり軽い運動をすると分泌されます。
また悲しい映画などをみて号泣しても分泌されます。思いっきり泣くと気持ちがスッキリしますが、セロトニンが脳内で増えるためです。
そのほかに朝起きて太陽の光を浴びるようにするとセロトニンが分泌されるスイッチが入ります。体内時計もリセットされるので、健康になることができます。
食べ物にもセロトニンの分泌を助けてくれるものが沢山あります。
トリプトファンとビタミンB6がセロトニンを作ります。多く含まれている食材には、カツオやマグロなどの赤身のお魚があります。
また大豆にはトリプトファンが沢山含まれているので豆腐や納豆などの大豆製品を沢山食べると良いでしょう。生姜やニンニクなどの薬味にはビタミンB6が含まれているので一緒に食べると効果があります。

最近、寝付きが悪い、眠りが浅い、などでお悩みの方、必見!
http://不眠症を治す方法.biz/では、不眠を解消するための
日常生活の中で出来るちょっとした工夫などを紹介しています。